林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


岩本素白

f0307792_20591140.jpg

岩本素白『東海道品川宿』(ウエッジ文庫、二〇〇七年)を読み直した(上の写真は同書口絵より)。というのも『ちくま』二月号に高遠先生が「素白の目、素白の耳」というエッセイを執筆され、ちくま文庫新刊『素湯のような話 お菓子に散歩に骨董屋』を紹介しておられたのに刺戟されてのことだった。

初読のときはもうひとつピンとこなかった。素直ないい書き振りだが、棘がない。さっぱりとした和菓子のような味わい。しかし今回読み返すと、棘というほどではなくても文章道に対する苦心、本気の度合いが読み取れるような気がしたのだ。全集とはいかなくてもちくま文庫は買ってみようかなと思ったりもした(新刊で買うかどうかは分らないですが)。

本書は明治時代の回想が多く、書かれている事柄そのものに教えられることが多かった(前にも読んだはずではあるが)。例えば、今話題の手習い。明治二十年代だろう。

《まだどの店も大きな釣ランプを点けている時代で、そこには番頭も小僧もいて、そのランプの下に、七八つの色の白い男の子が手習いをしていた。机を出しているのではなく、当時どの商家でも敷いていた、目の荒い堅い粗末な畳の上に、じかに大きく新聞紙を拡げ、それに太筆で手習いをしているのである。私の通学していた小学校では、その頃はもう昔風の真黒になった手習い双紙を使わさず、新しい紙に書かないと手があがらないと云っていたが、私立学校の子は未だ真黒な手習い双紙を使っていた。それでも新聞に手習いをすることは余りなかった。この店は金持らしい大きな店だのに、新聞紙に手習いをしていることが、何だか旧式な商人らしいつましさに感ぜられて子供心にも一寸いやな気持ちになった

これは情景が目に見えるようだ。面白いのは《新聞紙に手習いをしていることが、何だか旧式な商人らしいつましさ》というくだり。新聞紙は明治のニューメディアだったはずが、素白の子供時代にはすでに貧乏くさいものになりさがっていたのか? 

またこういうところも新鮮だ。

《江戸の庶民は物に凝るのが癖だが、職人のやっつけなのは三年経って焼けなければめっけものぐらいに思っているところから来ている。》

火事の多い江戸では職人の仕事はいい加減だったとの説。職人というとプロフェッショナルなイメージだが、悪ずれの側面もあったのである。

また桜の風景も今とはずいぶん違っていた。

《東京の桜は殆ど今染井吉野とかいう早く育って早く咲く、その代り色は病人のように薄白く、第一香気というものがない種類のものとなってしまったが、当時の御殿山の花は全く別種のもので、狭い小学校の中庭の一本の樹でさえ、むせるような香気を持っていたのである。》

桜のむせかえる香気というのは想像がつかないが、色も濃いとなると梅林のような雰囲気だったか。ソメイヨシノは小学校の校庭に植えられることによって全国(朝鮮半島も含まれる)に普及したとどこかで読んだ気がする。素白はそれ以前に卒業した年代だろうか。

坂崎さんの好きなステッキも登場した。戦時中、長野県に疎開していたときに山野を歩くために自ら作った杖である。

《それは何の木か、少しくねった細かい木であったが、南天のような木肌の、青みがかった鼠色の底に、鮮かな朱の色を沈めている。堅く粘りの強い木で、素朴な強靭なところが、丁度この山国の人のようでもあった。》

等身大の大隈重信回顧もいい。

《当時の学生達は皆大隈さんと呼んでいた。侯爵だの老侯だのという呼び方はぐっと後のことで、学生はまた、高田さん、坪内さんという風にも呼んでいた。私共にはその方が親しみ深く聞こえた。当時大隈邸の菊は豪華なもので、天下に響いていた。学生達は半日後庭の菊を賞し、また天下に有名な大隈さんと一緒に写真を撮った。教師の中に外人がいたりすると、大隈さんは不自由な脚を曳いて、わざわざその外人の所へ立って行き、懇ろに握手をしていた。また時に学生を集めて演説をすることもあった。我輩の生涯は反抗につぐ反抗であった、というような言葉も聞かされたことがあった。》

巻末に素白の略年譜がある。一八八三年(明治十六)八月十七日、東京品川に生まれる。本名堅一。父竹次郎、母のぶ。

《父は丸亀藩士。維新後は海軍士官。》

素白の父は讃岐の人であった。



[PR]
by sumus2013 | 2014-02-28 22:02 | うどん県あれこれ | Comments(0)
<< 李花集 細井広沢? >>