林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます! B..
by sumus2013 at 08:01
はじめまして。いつも楽し..
by ao at 19:14
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


現代大辞典

f0307792_20183543.jpg

木川又吉郎・堀田相爾・小堀龍二・阪部重壽『現代大辞典』(大日本教育通信社、一九二二年一一月一七日)。調べてみると『日本世相語資料事典』と名前を変えて日本図書センターから覆刻されている(二〇〇六年)。内容を簡単に言えば「現代用語の基礎知識」大正篇といったところ。

著者のうち小堀龍二はこの後昭和初期にユーモア小説家として売り出すことになる辰野九紫である。この時点では保険会社勤務だろうか。東大法学部卒なので本書での肩書きは法学士。大日本教育通信社には以下のような刊行物がある。

 兵語新辞典 大日本教育通信社編輯部編 1928
 家庭経済日用品の見分け方買ひ方 井上渉煙 1927
 近代代表名文選 原田静雨編 1926
 英和辞典 : 発音引 堀田相爾 1925
 関東大震災史 : 教授資料 大日本教育通信社編 1923
 わかりやすいアインシュタイン博士の相対性原理 菊池俊一 1923
 現代大辞典 木川又吉郎等編 1922


f0307792_20183434.jpg

見返しの模様がかわいい。


f0307792_20183289.jpg


現代用語、新説主義思想、常識英語、法律用語、経済用語、取引所用語、科学用語、鉄道用語、兵事用語、類語、というふうに部門が分かれており、二段組で見やすくレイアウトされている。

つい読みふけってしまった。新説主義思想の項目では各種社会主義や共産主義、無政府主義などにかなり多くの頁が割かれており、要領を得た説明がなされているように思われる。ひょっとして古書であまり出回っていない理由はこんなところにあるのかもしれない(現時点で「日本の古本屋」には一冊のみ)。


f0307792_20183025.jpg


類語辞典が面白い。キリギリス(直翅類中きりぎりす科に属する虫、形いなごに似て緑褐の二種ある)には二十八の類語が挙がっている。難しい漢字二文字の単語ばかりでとうていここには引用できない。こういう文字をほんとうに当時の人は使ったのかどうか、必要性があったのかどうか疑問になった。

いちばん類語が多いのは「ハカリゴト」で125、次が上図に開いている「タスク」122。次が「ソムク」86、「オロカ」と「ソシル」が75という具合で(全部数えたわけではないですが)悪口の方が言葉は多様化するのかもしれないなとも思ったしだい。


f0307792_20182816.jpg


発行者の池清一についても情報はない。小石川久堅町というのは現在の小石川、白山あたりである。

『わかりやすいアインシュタイン博士の相対性理論』という本を出しているわりには、相対性理論が立項されていない……そんなはずはない……と思ってあちらこちら探していたら「そうたいせい」ではなく「さうたいせい」! 新説主義思想の「サ」の部に出ていた。もっと早く気付けよ、というお粗末。


[PR]
by sumus2013 | 2014-02-25 21:20 | 古書日録 | Comments(0)
<< 三月 金子光晴 船長ブラスバオンドの改宗 >>