林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


船長ブラスバオンドの改宗

f0307792_21094922.jpg


バアナアド・シヨオ、松村みね子訳『船長ブラスバオンドの改宗』(書肆盛林堂、二〇一四年二月一六日、表紙画=堀内薫)読了。『船長ブラスバオンドの改宗』(竹柏会、一九一五年)を底本とした覆刻版。さすがに飽きさせない筋立てである。

松村みね子の訳文を森鴎外が序において次のように讃えている。西洋脚本にろくな翻訳がないと嘆いてみせてからこう続ける。

《此本はどこまで読んで行っても、その「まずいなあ」を出させないのです。とうとう出させずじまいになって、Lady Cicely の How Glorious! how glorious! And what an escape! に到着しました。そして私はその escape を得ずに、此本に捕えられてしまったのです。》

鴎外が引用しているのはテキスト最後のセリフで、主人公である美貌の貴婦人シセリイの独白だ。みね子訳はこうなっている。

《まあ立派な! なんて立派な! ああ危なかった!》

Glorious を「立派な」はどうだか知らないけれど、「ああ危なかった!」はじつに上手いと思う。どうして危なかったのか、をここで書いてしまっては興ざめなので、我慢しておくが、もう少しでどうにかなるところだった……ということである。

ショーといえば『ピグマリオン』(舞台、映画「マイ・フェア・レディ」の原作)くらいしか知らない。ただしショーがとびきりの皮肉屋だということは何かで読んだ次の単語で印象深く刻み込まれている。

 ghoti

ショーはこれを示して「fish(フィッシュ)」と読ませた。なぜならば、以下のような発音の例があるではないか。

 gh - laugh における gh 、[f] 
 o - women における o 、[ɪ]
 ti - nation  における ti 、[ʃ] 

要するに英語の発音の不規則生をチクリとやったわけである。並のへそ曲がりじゃない。

本作『船長ブラスバオンドの改宗』はモロッコが舞台。美女と海賊と判事とムール(ムーア)人が登場する。活劇かと言えばそうではなく、ほとんど松竹新喜劇かとまがうようなあちゃらかである。(ついでながら、ジョン・ミリアス監督脚本の映画「風とライオン」、モロッコが舞台でアメリカ合衆国が重要な役割を果たすあたり、ミリアスはショーを意識していたのかもしれないな、と気付いたしだい)

英国本土にいられないワケアリ人間たちが吹き溜まっているなかでいちばん強烈なボケ・キャラクター、道化役はドリンクウォタアという小悪党。ひとしきりドタバタやったあと彼らの持ち物がすべて没収されて裁判になる。そのときにこんなやりとりがある。

《水兵 知事(カーデ)から渡されました本がございます。何か魔術の書らしいと申して居りました。教誡師があなたに申し上げてから焼き捨てるようにと申されました。

大佐 どんな本だ?

水兵 (目録を読上げる)汚れ損じたる本四冊、各、別種類、定価一ペニィ、名はちぢかんだトッド、ロンドンの魔物理髪師、骸骨の騎手ーー

ドリンクウォタア(ひどくあわてて心配そうに駆け出して)そいつあ、私(あつし)のお蔵です。焼いちゃあいけません。

大佐 お前も斯んな物は読まない方がいい。

ドリンクウォタア (非常に情なさそうにレディ・シセリイに訴える)どうか焼かせないで下さい。あなたがそういって下さりゃあ、焼きやしません。(一生懸命の弁を振って)此本がどんなにあっしに大事だか、あなた方にゃ分らないんだ。此本のおかげで私(あつし)はウォタアロー街のみじめな世界から抜け出して面白い夢も見ていられたんだ。此本が私(あつし)の頭を拵えてくれたんだ。私(あつし)に汚い貧乏人の生活(くらし)よりか最ちっと好い物を見せて呉れたんだ。》

定価一ペニィの本というのは十九世紀に「penny dreadful, penny horrible, penny awful, penny number, and penny blood」などと呼ばれて英国で数多く発行された犯罪小説を指すのだろう。ダブリンの貧しい家庭に生まれ、辛苦の末、筆で立ったショーその人の感慨が込められていると読みたくなるが、さてどんなものか。とにかくいい本を覆刻してくれた。版元に感謝である。


[PR]
by sumus2013 | 2014-02-24 21:25 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 現代大辞典 新譔篆書字典 >>