林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます! B..
by sumus2013 at 08:01
はじめまして。いつも楽し..
by ao at 19:14
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新譔篆書字典

f0307792_19334030.jpg

安本春湖『新譔篆書字典』(春湖書屋、一九二四年八月七日)三冊および索引合わせて四冊、帙入り。ご厚意によって拝見させていただいているものだが、こちらは単に字典の用を果たせばいいというだけでなく文字それ自体も姿が整って宜しい


f0307792_19333842.jpg



著者である春湖こと安本伊三郎(1872-1930)は西川春洞に師事した書家。中国の古碑文法帖を研究した春洞は明治以降の日本の書道界を二分する大きな流派を成した(もう一方の雄は日下部鳴鶴)。巻頭の序文(というか寄せ書きですな)を野村素軒(長州出身の政治家)、山口蕙石(書家、鑑硯家)、芦野楠山(篆刻家)、中村不折(画家、書家)、今泉雄作(有常、也軒、美術史家)が寄せており、跋文は春湖と同門の武田霞洞の手になる。


f0307792_20123223.jpg


f0307792_19333664.jpg


貴重なのはこの書籍そのものより第一巻の見返しに記された墨書記(肉筆)である。「記念/昭和十一年十月二十五日於駒込/吉祥寺(文京区本駒込三丁目)追悼会挙行」とあって先師たちの名前と回忌が連ねられている。西川春洞二十三回忌、諸井春畦十七回忌、諸井華畦十三回忌、安本春湖七回忌、武田霞洞三回忌、花房雲山四十九日。追悼会之夜於船橋居 蒼陰書。


f0307792_20150445.jpg
蒼陰は吉岡蒼陰(1885-1969)だろう。春洞に次ぐ故人たちは春洞門七福神と呼ばれた人達のうちの五人らしい。後の二人は中村春波と豊道春海で蒼陰は春海の門人ということになる。


[PR]
by sumus2013 | 2014-02-23 20:41 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by yf at 2014-02-24 09:38 x
確かにここに収録されている篆書は美しいですね。勉強中の身にはとてもありがたいです。小生は行くNHK京橋、篆刻教室の、小生の文字の至らなさにモデルを書いて下さるのですが、この朱文の美しさ、別のファイルに入れて保存しています。この教室のウメダには旭屋書店で、海地さんと並んで信頼されていた黒田さんが居られます。会報の評価は篆書、篆刻とも、トップを争う成績です。
Commented by sumus2013 at 2014-02-24 21:29
篆書はいいですねえ。しかし、なかなかうまく書けないものですねえ。
<< 船長ブラスバオンドの改宗 風景の諷刺 >>