林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


松浦琴鶴

f0307792_20312592.jpg



先日、松浦琹鶴訂正篆書字引』を紹介したが、この人物が気になったのでもう少しだけ掘り下げて調べてみた。たしか方角の本を持っていたはずだと思い、封印していた和本箱を開いてみたところ、案の定パンドラ状態を呈してシマッタとほぞを噛んだものの、それでもまだ完全にもうろくしたわけではないようで、目当ての『三元秘用方鑒図解(はうかんづかい)』巻之五(刊記はないが、天保八年刊のようだ、五冊)がたしかに櫃底から現れた。


f0307792_20312998.jpg
f0307792_20313085.jpg
f0307792_20313207.jpg


『日本人名大事典』(平凡社、一九七九年覆刻版、元版は一九三八年)にはこう出ている(一部を除き旧漢字は改めた)。

《マツウラキンカク 松浦琴鶴 徳川中期の易占家。大阪の人。東雞の男。名前は純逸、号は琴鶴、観濤閣。家学を父に受け、観相をもつてその名大いに著はる。天保頃の人。[著書は略す](大阪人物誌)》

付け加えるなら息子に逸成と逸順があったことが本書冒頭の記述で分る。また父親の松浦東雞も立項されていた。

《マツウラトーケイ 徳川中期の易占家。名は久信。長門掾と称し、東雞と号す。文政の頃大阪に住す。瓦屋橋の東に住し、地理風水方位などの諸学に精通し、易の名家と称せられる。男に琴鶴あり。著書に家相図解、家相図説大全がある。(続大阪人物誌)

実は東雞(東鶏とも)にはもう一人の息子國祐があった國祐は『平安人物志』の文政五年版と文政十三年版に登場しており、その内容はおおよそ以下の通り。(『平安人物志』HPより)

松浦国祐 文雅家。字は子徳。星洲又は泉隣居、又は風水園と号した。通称松浦肥後掾。大阪瓦屋橋東の宅相家、松浦長門掾の嫡子。京に出て三条室町西に住み相宅をこととし、家相図説大全、吉方一覧。風水園筆草、和歌独草、吉野山水図説等の著がある。文化十年加茂季鷹六十賀宴歌集に祝歌を寄せている。

肥後と言い、長門と言い、これは北九州一帯で古代から勢力を保っていた松浦(まつら、まつうら)一族に列するのであろう(といっても系統は多岐にわたるが)。そうすると大陸との関係も深かったわけだから比較的容易に中国の新しい易占術や方位学の知識に触れることができた、かもしれない。

琹鶴と琴鶴が同一人物だとして、ではいったいどうして篆字の字典の著者に名を連ねているのか……残念ながら、この点についてはもう少し何か確かなエヴィデンスが出て来ないと判断のしようがないです。

なお松浦琴鶴の直系という松浦長生館なる鑑定所が現在も京都市下京区高倉通四条下ルで営業しておられる。ただ、どういう理由からか琴鶴を初代としているのが不思議と言えば言えなくもない。

ともかく琴鶴の著書を重版も含めて列挙してみる。上記『三元秘用方鑒図解』をちょっと読んでみたところなかなか文章も上手で実例を挙げて分かり易く書かれているのに感心した。幕末から大正にかけての隠れたベストセラー作家だったと言えるかもしれない。


方鑑口訣書 松浦観涛閣 天保3 1832

地理風水家相一覧 2冊 銭屋惣四郎他 天保4年 1833
地理風水家相一覧(全) 弘業舘 明治27年

方鑑辨説 天保5年 1834
方鑑辨説 全 小林米造 明17年
神殺撰要 方鑒弁説(全) 文陽堂 明治38年

方鑑類要 7冊 観涛閣蔵板 天保5年 1834

地理風水家相一覧 2冊 井筒屋・河内屋他 天保5年 1834
地理風水家相一覧(全) 弘業舘 明治40年
地理風水家相一覧(全) 弘業舘 大正2年

家相一覧・家相大全 5冊 松浦久信 井筒屋・河内屋他 天保5年 1834

三元年月本命的殺即鑑 観濤閣蔵版 銭屋惣四郎他 天保6年 1835

三元秘用方鑒図解 5冊 観寿閣蔵版 天保8年 1837
三元秘用方鑒図解 3冊 明治24年

家相秘伝集 2冊 観濤閣蔵版 天保11年序 1840
家相秘伝集 2冊 誠之堂 明治21年
家相秘伝集 2冊 光世館 明治26年
家相秘伝集 文陽堂蔵版・岡本仙助 明27年
家相秘傳集 文陽堂蔵版、靑木嵩山堂 明治36年
家相秘伝集(全) 文陽堂 大正2年 
家相秘伝集 発売=布袋屋書店 大正9年

方鑑秘伝集 2冊 河内屋他板 天保11年 1840
方鑑秘伝集 2冊 観濤閣蔵版 北畠茂兵衛 天保12年 1841
方鑑秘伝集 2冊 明治21年
方鑒秘伝集 2冊 文盛堂 明治23年
方鑒秘伝集(全) 文陽堂 大正1年

方鑑家相経験精義 全 天保13序 1842

三元九星吉方図解 明17年

増訂医道便易 明27年 

九星図説日要精義大成 乾坤揃2冊 浪華/観濤閣蔵梓 東京/北畠茂兵衛・出雲寺萬次郎ほか 明治27年

新増補正陰陽方位便覧 3冊 白井為賀先生纂輯 松浦琴鶴先生増輯 井澤駒吉 明治27年1月15日 1894
新増補正陰陽方位便覧 2冊 白井為賀纂 松浦琴鶴増輯 月窓書屋 明治33年
新増補正陰陽方位便覧(全) 白井為賀・松浦琴鶴増輯 鴨書店 昭40年


[PR]
by sumus2013 | 2014-02-17 21:33 | 関西の出版社 | Comments(0)
<< 吉本隆明と沖縄 高橋輝次氏「私の日本語辞典」に出演 >>