林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


番傘のスミカズ

久し振りのスミカズさん。『番傘』第六号(関西川柳社、一九一四年八月一二日)と第七号から宇崎純一の挿絵がある頁のコピーを頂戴した。これは有り難い。存在は知っていたが、現物はまだ見ていなかった。御礼申し上げます。大正三年あたりスミカズの仕事は脂ののった時期で、小さなカットにもピリッとしたところがあって好感がもてる。

f0307792_19543588.jpg
f0307792_19543704.jpg
f0307792_19543312.jpg
f0307792_19543157.jpg
f0307792_19542872.jpg

f0307792_20074081.jpg


本文も見るともなく見ていると「京都」というお題が目に留まった。いくつか引いてみる。


  京極でお踏みやしたと言ひ募り   只英

  茄子歯が馬鹿に嬉しい京言葉    柳舟

  射る真似をして見る三十三間堂   卯木

  伯父さんの家には水車上京区    汀果

  そうどすかそうやおへんに乗過し  汀果

  先斗町行合ふ傘を上と下      當百

  彦九郎の座つた辺り牛の糞     當百


『番傘』は大阪の結社であり雑誌なのだが、彼らが京都へ吟行(と言うのかどうか知らないが)に来るとやはりその言葉の異様さがまず耳についたようである。茄子歯(なすびば)はお歯黒のこと。三十三間堂はまさに今でも中学生がやっていそうな光景。水車は上京区の小川(現在は埋められて小川通り地下の暗渠となっている)沿いに点在していたようである。乗過しは下車していいかどうかを電車に同乗していた娘たちに尋ねたということだろうか。先斗町の路は今も狭い。彦九郎は三条橋の東詰めに銅像が立って(座って)いるあたりをさすのだろうが、大正初めだと牛(牛のひく車)が普通に通っていたようだ。


[PR]
by sumus2013 | 2014-02-08 20:38 | 関西の出版社 | Comments(2)
Commented by akaru at 2014-02-11 10:41 x
川柳、いいですねえ。
Commented by sumus2013 at 2014-02-11 11:47
『番傘』いまも発行されているんですよね!
<< 偏類六書通 これやこの >>