林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


BOOK5 no.11 

f0307792_20154437.jpg

『BOOK5』11号(トマソン社、二〇一四年一月三一日)が届いた。巻頭「ここさいきん」という近況披露コーナーに「解けない詰将棋」という短文を書かせてもらった。毎号三人の執筆者が「ここさいきん」に登場するそうだ。11号は小生、山本善行堂、岡崎武志。久し振りに三人そろって同じ雑誌に名前が並んだような気がする。

連載もさることながら片岡義男特集がすごい。堀江敏幸、大竹昭子、津野海太郎を含む人達がいろいろな切り口で片岡義男の魅力を語っている。なんだか『BOOK5』が大きく見える。

個人的には片岡義男といってもほとんど読んではいないが、たしか平凡社の『月刊百科』にハワイのことを書いたドキュメンタリーふうな連載があって、この雑誌はずっととっていたのでいつも目を通して、いい仕事だなと思った記憶がある(単行本『ライハナまで来た理由』同文書院、二〇〇〇年、に収められているようだ)。他には植草甚一の思い出を書いたエッセイも好きだ。

特集で印象にのこった一文(発言)はこれ。津野海太郎メールインタビュー「片岡さんとの本づくりの思い出」より。

《その昔、『ワンダーランド』の長谷川四郎氏との対談で、片岡さんが「川端康成の『雪国』を読んでも、どこがいいのかまったくわからなかった、以来、日本の近代文学はまったく読んでいない」という意味のことを話していた。》

スッキリと腑に落ちる発言。というか「読んだ」というのがある意味驚きだなとも思う。

***

拙文「解けない詰将棋」は最近凝っているナイトキャップ詰将棋について書いた。そのなかにどうしても解けない問題があったのだ。それはこちら。『誰にもわかる将棋定跡図解』(昭文館書店+興文堂書店、一九二九年一月七日)より。

f0307792_20154219.jpg

f0307792_20153919.jpg


この十一手の詰将棋と半月にらめっこしていた……というなんともかんともなお話です。『BOOK5』ご注文は下記まで(善行堂その他の店にも置いているようです)。

トマソン社
http://tomasonsha.com




[PR]
by sumus2013 | 2014-02-03 20:49 | 文筆=林哲夫 | Comments(7)
Commented by akaru at 2014-02-06 08:10 x
詰むのでしょうか?
Commented by sumus2013 at 2014-02-06 14:51
名人でも無理でしょう(笑)
Commented by akaru at 2014-02-06 21:51 x
やっぱり。時間を無駄にしたか。
Commented by EOG at 2014-02-06 22:56 x
51と、61角の誤植ですね。渡瀬莊治郎、待宵第48番です。
http://park6.wakwak.com/~k-oohasi/shougi/matuyoi/matuyoi05.html
Commented by sumus2013 at 2014-02-07 14:55
EOGさま ありがとうございます。そうでしたか。作意は22の歩を消して12飛ですね。この本、他にも誤植がいくつかあり、悩まされました。
Commented by chara050505 at 2014-02-07 19:05
棋譜の誤植。困ったものですね。
以前、囲碁の雑誌のレイアウトをしていた時、
写植屋さんの入力ミスで19×18路という
懸賞問題がありました。解けません。笑。
Commented by sumus2013 at 2014-02-07 20:04
akaruさま お時間とらせました。

charaさま 雜な作りの本です。著者も団体名ですし。ま、そういうのも嫌いじゃないんですが。
<< 数学三千題のうつし絵 大隈伯肖像および印刷機あれこれ >>