林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


製図器具その2 Technikerzirkel

f0307792_20182487.jpg

先日のロットリング製品に加えてさらに定規とコンパス・セットを頂戴した。定規はつまみ(?)のような山のついているタイプで、珍しいもの。写真中央は小生が使っているロットリング・ペン。最近はお蔵入り状態だったので取り出してコンパスに接続してみた。

f0307792_20182626.jpg

他社のサインペンでもセットできるようなので、これはいくらでも使い道がある。深謝です。むろん金具を交換すればふつうの鉛筆芯のコンパスとしても使えるようになっている。

物差しも好きな道具のひとつ。実際に使うために買ったものもかなりたまっている。というのは定規はどうしてもカッターを使ったりするので、デコボコになってしまう、すると使えなくなるが、それでも捨てられないからだ。さらに古道具でも買ってしまう。

使うのはやはり手軽なプラスチックになる。むろんスチール製の尺も持っているが、竹や木製の方が手に馴染むし、古色がつくと美しい。ただしプラスチックでも古い物にはトロリとした味がでているのもあって捨て難いのである。

f0307792_20182741.jpg


そうそう、ロットリングというのは製図用具の社名だとしか思っていなかったのだが、
ドイツ語で「赤い輪」という意味だと、今頃はじめて気付いた。



[PR]
by sumus2013 | 2014-01-31 20:40 | コレクション | Comments(3)
Commented by akaru at 2014-02-01 09:33 x
今は全く使うことのないコンパスですが、中学生のころはコンパスが大好きでした。いいのがあるんですねえ。
Commented by sumus2013 at 2014-02-01 19:40
これ、集め出したら大変です(笑)
Commented by yf at 2014-02-02 09:10 x
 ドイツ製はこの器具だけでなく、工具、印刷機など素晴らしいものです。小生の仕事先にはドイツ、ハイデベルグ社の印刷機がありました。その中のオフセット機は、始め、とんでもないドイツ製を真似たもの、共産圏ならでの仕事、チェコ製、設置に「ネジ」の立て替えなど、以後の運転用意ならず、結局ドイツ製に変え外枠の木材を外せば、試運転も成功、職人さんは「さすがドイツ」と絶賛でした。
 今、京都二条通りに寺町から河原町間、北側に活字印刷機
いわゆる「プラテン機」が動いています。機械の手入れの素晴らしさ、このお店の印刷品質の高さを示しているように思いました。
<< 年画造酒仙翁 我思古人その2 >>