林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


露伴遺珠

f0307792_19382346.jpg


ラジオから幸田文の声が流れてきた。作品やその容姿から想像していたのとは、まったく違った、江戸っ子の、やや甲高い軽快なしゃべりだった。江戸っ子といっても大川の東側で自然がまだまだ豊かな時代に育ったそうで(露伴は江戸っ子と言われると否定していたそうだ)、いわゆるチャキチャキというのではなく広い意味で関東弁の響きが感じられる。こういう言い方はなんだが、とても「カワイー」のである。

上は世田谷文学館の「幸田文の栞」(二〇一三年九月一日)。法輪寺の三重塔をバックにしている。この塔を建てるために晩年の幸田文は奔走したのだという。文の言うには自分たちは露伴のなかでもよく売れた作品「五重塔」の印税で暮らしたというようなところもあって、法輪寺の塔の再建が挫折しているのがどうも他人事とは思えなかったらしい。「五重塔」の上演料を寄付したり、講演に奔走したり、当時文化庁長官の今日海出に直訴したりとさまざまに尽力し、斑鳩町に一年半住んで塔の建築を間近に見たそうだ。

世田谷文学館の栞に森まゆみと堀江敏幸の対談が載っている。そのなかで堀江氏にこういう発言がある。

《2000年でしたか、『文藝別冊』の特集で、小石川のお宅に伺って青木玉さん、奈緒さんにお話をうかがう機会がありまして、その折にあれこれ読み返したのですが、僕は結局、幸田文の作品を、書かれた言葉としてしか理解していなかった、口に出された言葉であったことが分っていなかったと大いに反省をしたんです。》

この発言は幸田文が実際にしゃべっているのを聞くとじつによく納得できるのである。あの文体は彼女のパロールのなかから生まれてくるに違いない。

幸田文と言えば、daily-sumus で湯川成一さん旧蔵の著者サイン入り『幸田文随筆集』(角川文庫、一九五四年八月一五日)を取り上げたことがあった。

http://sumus.exblog.jp/17504304/

そのとき、きっと交渉があったのだろう、などと寝ぼけたことを書いたのだが、そりゃそうだ、湯川書房は幸田露伴の本を出しているじゃないですか。

f0307792_19382586.jpg


肥田皓三編『露伴遺珠』(湯川書房、一九五三年五月一日)。肥田先生の「後記」によれば全集に洩れた佚文捜しは森銑三が先鞭をつけたようで、当時すでに肥田先生も二十年近く捜索していたのだという。その間に三十篇以上をさぐりあてた。そういった内容を『季刊湯川』創刊号に執筆したところ、湯川さんが「是非ともその本を作りましょう」と申し出てこの一冊が生まれた。

だから当然、著作権者である幸田文にもコンタクトしたであろうし、サイン入り文庫本も何らかの返礼だとすればスッと納得できる。大分前からこの本を持っていたのにまったく気付かなかったとはうかつにもほどがある。

肥田先生も書かれておられるが、短文のなかにも露伴の魅力は十分感じられる。例えば「修文談」は文章作法について語りながら理想の文学的境地を示すという点で興味深い。修文には四期あるという。

《例へば月を描くのにブンマワシを遣ひツ放しにするのは一期で、先づ雲を描いて月に見せるのが二期で、描かぬ月の影を水に見せるのが三期で、ツマリ月も畫かず、雲もあらぬ冬の夜の、何處か月の寒い心持を、或る物体に移して見せるのが四期ではないか、ブンマワシの月を、刷毛で塗り隠す位なら、誰でも出来る、が、その月を月と云はずして、月の心持を見せるのは、経営惨憺の極で無くては出来ぬ》

メタファーということなのだろうが、これはまるでステファヌ・マラルメの詩法を解説してくれているような気さえする。露伴とマラルメのコレスポンダンス! 他には細かいところで、次のような発言も印象的だ。

《漢字は我國で出来たものでないからして、我國の言語としつくり合つては居ない、恰好丸い器物に、四角な蓋をした様なものである。》(漢字の新研究法)

だから漢字をもっと研究せよ、しかるのちに採否を決定せよと主張している。大正元年に書かれているが、漢字問題については戦後だけでなくずっと言われて来たとみえる。

もうひとつ、これはさらに細かいこと。「全然」の使い方。

《私の「五重塔」は此の話をして呉れた倉と云ふ男を全然ではないが、幾分かモデルに使ひ、其れに始めに話したのツぽりの綽名を少し変へて用ひ、其の外聞いた話なども加味して直ぐ近所にあツた五重塔へもツていツて綜合したのです。》(自作の由来)

明治三十年八月発表。全然オッケー。

そうそう肥田先生と言えば、昨年十一月、第二回水木十五堂賞を受賞された。めでたし。



[PR]
by sumus2013 | 2014-01-28 20:56 | 関西の出版社 | Comments(4)
Commented by 牛津太郎 at 2014-01-28 21:39 x
いい文章を読ませていただきました。感謝です。
Commented by sumus2013 at 2014-01-29 11:40
幸田文さんに会ってみたかったです。
Commented by akaru at 2014-01-30 11:07 x
ラジオで聞けたのですか、それは残念。文さんは宮崎修二朗翁が昔会われています。そしてわたしの遠縁の宮大工、小川三夫さんが法輪寺で交流があったのです。以前あるところにちょっと書きましたが。
Commented by sumus2013 at 2014-01-30 19:54
二回放送されました。昔の番組の一部再放送のような形でした。毎週、文士の声をアーカイブから拾って紹介する番組です。
<< 桑原武夫記念コーナー ZAZ SANS TSU TSOU >>