林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ティパサでの結婚

f0307792_20215962.jpg


アルベール・カミュ『結婚』(ガリマール、一九五〇年)。もうだいぶ前に古本まつりの均一で買ったように思う。装幀がいつものガリマール書店の囲み罫のデザインと違うので気に入った。巻末にはカミュの作品リストがあるのでカミュ選集のようなものだろうか(?)。検索してみると、古書価はほとんどついていない、ありふれた本である。

『結婚』はアルジェのリセでカミュと知り合ったエドモン・シャルロ(Edmond Chalrot, 1915-2004)が一九三九年に出版したのが初版本になるようだ。部数は250らしい。カミュの作品では他に『L'Envers et l'Endroit』(1937)も出しているし、カミュが編集する雑誌『Rivages』(1938, 39)を二冊刊行したようだ。戦後にもこの五〇年のガリマール版が出る前にシャルロは『結婚』を再刊している(一九四七年)。

内容はエッセイというよりも散文詩である。カミュが二十三、四歳のころに書いたそうだ。買ってからずっと読むこともなく(もちろん読もうと思って買ったわけではないし)棚の肥やしとなっていたのだが、先日「ムッシュKの日々の便り」をのぞいてみたら、なんと『結婚』に収められている四篇のなかから冒頭の『ティパサでの結婚』が訳出されているではないか。

原文はそんなに難しいというわけではないにしても、それなりに凝った言い回しがあちらこちらに見うけられるようで小生のフランス語力ではスイスイと読むというわけにはいかない。これはありがたい。

f0307792_20220422.jpg
f0307792_20220657.jpg

昨年、十一月七日はカミュの百回目の誕生日だった。ガリマールは販促につとめたようだし、カミュのファンは今なお根強い影響力をもっており、ちょっとしたカミュ風が吹いていた(いる)ようだ。

どちらにしても小生は『結婚』の他には『異邦人』(リーヴル・ド・ポッシュ、一九六七年版)と『ペスト』(同、一九五七年版)しか架蔵しておらず、『異邦人』はかろうじてフランス語の勉強のつもりで大昔に読んだ記憶がある。『ペスト』は新潮文庫で読んだかな。『異邦人』では

《J'ai dit rapidement, en mêlant un peu les mots et en me rendant compte de mon ridicule, que c'était à cause du soleil. Il y a eu des rires dans la salle.》

太陽のせいで……という有名なくだり、そして

《J'ai répondu que je ne croyais pas en Dieu.

神は信じないとドン・ジュアンよろしくつぶやくところがやはり印象に残った……すっかり忘れていたが、付箋が貼ってあるからそうなのだろう。

カミュ生誕百年の記事を探していたら、パティ・スミスが「カミュに出会わなければ物書きはやっていなかったでしょう」と喋っているヴィデオを見つけた。カミュに捧げる歌も歌っている。これがなかなかよろしい。

"Camus a fait de moi une auteure"
http://www.lepoint.fr/culture/photos-et-videos-albert-camus-star-de-google-07-11-2013-1753143_3.php

メープルソープが撮った写真でしか知らなかったけれど、彼女のコンサートなら出かけてみたいような気がしないでもない。



[PR]
by sumus2013 | 2014-01-21 17:44 | 古書日録 | Comments(0)
<< 白水社の本棚 愛書狂 人生、ブラボー >>