林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


LEICA MANUAL 1947

f0307792_20130718.jpg

『LEICA MANUALMORGAN & LESTER, 1947, 11th Edition 2nd printing)を頂戴した。コラージュの材料にしてくださいということで有り難く拝受。コラージュにするのはもったいないような本だが(実際カバー付きの美本ならある程度の古書価が付いている)、デンヴァー図書館の除籍本《NO LONGER PROPERTY OF DPL》というハンコがペタリ。

f0307792_20130504.jpg
f0307792_20130210.jpg


PUBLIC LIBRARY OF THE CITY OF DENVER(http://denverlibrary.org/content/dpl-history)はその前身が一八八九年六月にデンヴァー高校の一角に設立されたデンヴァー最初の公立図書館。一九一〇年にはアンドリュー・カーネギーのファンドによってギリシャ神殿風の図書館が建設された。一九五六年に移転して広くなり、そして更に一九九五年、大規模に拡張した施設が完成したそうだ。


f0307792_20125979.jpg

ライカIII(http://sumus.exblog.jp/12878897/)はこの時代に全盛だった。


f0307792_20125701.jpg


フィルムのセットの仕方が丁寧に説明されている。


f0307792_20125645.jpg


ライカの使い方であると同時にカメラ撮影の可能性を徹底的に紹介した内容で、報道はもちろん、考古学、民族学、生物学、天文学、医学などあらゆる分野での撮影方法について示唆を得ることができるように執筆されている。有名な写真もいろいろ収録されているなかに「Yasuo Kuniyoshi」の名前を見つけた。アメリカで成功した日本人画家の国吉康雄である。写真作品も多く残している。調べてみると、なんと初めは写真家として生計をたてていたそうだ。

《絵で生活できるようになって国吉は写真家をやめますが、1935年にサラ・マゾと結婚した時に、当時流行していた革命的な写真機35mmライカを買ってから、再び写真にのめり込みます。1937年にはウッドストックの家に暗室を作って、現像、焼き付け、引き伸ばしを全て自分で行い、一点ずつ丹念にファイルしていました。その数は1939年までに400点にのぼります。》(『国吉康雄美術館館報』第11号、一九九七年

なるほど国吉康雄はライカのユーザーだったわけだ。文中にもあるように大流行したライカ、その証拠のように、この『LEICA MANUAL』、初版は一九三五年発行である。


f0307792_20125466.jpg
f0307792_20125283.jpg
f0307792_20125071.jpg

Henry M. Lester による眼球の写真とその撮影の様子。シュルレアリスム映画「アンダルシアの犬」やマン・レイの写真作品「ガラスの涙」(一九三二)を連想してしまう。



[PR]
by sumus2013 | 2014-01-18 21:07 | 古書日録 | Comments(0)
<< ストナルと芦田止水 VAN 創刊号 >>