林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


奥山儀八郎の版画展

『松戸教育委員会所蔵 奥山儀八郎作品目録』(松戸教育委員会、二〇一四年一月一八日)を頂戴した。深謝。二〇〇四年に子息の奥山義人氏より寄贈された一千点を越える作品を含む1201点および参考作品を収録した目録である。すべて図版入り。

f0307792_19371315.jpg


奥山は明治四十年二月十七日、山形県西村山郡寒河江町に生まれた。大正九年十三歳で上京、働きながら版画を独習。十四歳で慶応義塾商業学校に入るも中退。大正十三年大連に半年滞在、帰京後は川端画学校でデッサンを学ぶ。大正十四年、池辺釣、上阪雅之助にデッサンを見てもらう。昭和三年、第八回日本創作版画協会展に初入選。ニッケ(日本毛織)の広告部嘱託となり版画ポスターを制作する。昭和四年、個展(NIKKE画廊)。昭和五年ナップのクロッキー研究所に通う。

昭和六年、河野鷹思山名文夫らとともに東京広告美術協会を結成。七年、ニッケを退社、フリーとなる。翌年まで山名文夫と共同で仕事をする。昭和九年、広告版画個展(銀座・伊東屋)。この頃から日本珈琲飲用史の研究に着手。昭和十一年、石井研堂に出会い、唯一の弟子となる。その指導により伝統版画に開眼。

f0307792_19371054.jpg


昭和十五年、前川千帆、畦地梅太郎とともに新版画会に参加。十六年、原弘を通じて東方社より依頼され謀略宣伝ポスターを制作(十八年まで)。十八年、日本版画奉公会に参加。二十年、敗戦直後、日本版画研究所を創立。二十七年、広重の東海道五十三次続絵の覆刻版を完成するも日本版画研究所は解散。二十九年、松戸市下矢切に工房を開設。五十一年、個展(銀座・ロイヤルサロンギンザ)。昭和五十六年十月一日脳溢血のため死去。

以上、本書の年譜をはしょって引用した。珈琲研究家としては知っていたが(「かうひい異名熟字一覧」というコーヒーの名称を一覧表に彫った版画は広く流布している)、石井研堂の弟子だったり、東方社に関係したり、思わぬ活動を知ったのは収穫だった。石井研堂は『明治事物起原』の著者として知られる人物。東方社と言えば『FRONT』だから、多川精一『戦争のグラフィズム』(平凡社ライブラリー、二〇〇〇年)に奥山の名前が出て来ないかと自作の人名索引をチェックしてみたが、残念ながら見あたらなかった。

作品は多彩だ。線描は骨太で繊細、テクニックは安定している。浮世絵や油絵を木版画で複製する技術には驚かされるものの、やはり初期のニッケやニッカ・ウィスキーの広告が素晴らしい。

[PR]
by sumus2013 | 2014-02-14 20:27 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 十七歳にもなれば 藤島武二、素描 >>