林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


風街ろまん、その他

f0307792_20125057.jpg


大瀧詠一急死に驚く。いつだったか、大瀧がラジオで日本における流行歌の歴史を古い音源を紹介しながら分析してみせたことがあった。これは見事だった。歌手としては、はっぴいえんど二枚目のアルバム「風街ろまん」(URC、一九七一年)に入っている「颱風」が好きだ。いつ聞き直してもしびれる。

***

屋根の上の魚 リチャード・ミドルトン作品集』(南條竹則訳、書肆盛林堂、二〇一三年一二月二五日)読了。盛林堂さんのミステリアス文庫出版は今年の驚くべき収穫のひとつだろう(来年も継続するものと期待しています)。

ミドルトン(Richard Barham Middleton)は一八八二年イギリスのステインズに生まれ、一九一一年にベルギーのブリュッセルで服毒自殺した作家。短い作家生活だったため生前の著書はないが、歿後に五巻の作品集が出た。そのなかの短篇集『幽霊船 The Ghost Ship:And Other Stories』(一九一二)がもっとも良く知られている。

本書は同人誌『放浪児』(南條竹則編集、幻想文学出版局制作)一〜五号(一九八七〜九四年)に掲載されたミドルトン作品(『幽霊船』所収の諸作)南條氏による作品集解題、およびミドルトンに関するエッセイ「偶像の足元」、東雅夫「序」そして小野純一「あとがきにかえて」から成っている。

一読、才気を感じさせる短篇作品が並び、もっと長生きしていたらどうなったろうかと期待させられるものがある。個人的にはやはり「ある本の物語 The Story of a Book」が面白かった。ある一人の本好きが読書に熱中して毒舌の批評をふりまいていた。しかし年齢とともにそれもつまらなくなって、あるとき、そんな気もなかったのについ自ら小説の筆を執ってしまう。

お気に入りの大手出版社にその原稿を送ったところ、会いたいという返事がきて出版社へ出かけて行く。

《かくて本屋の事務所に着いたわれらが作家は、いつになく感じやすくなっていたため、社員のぞんざいな態度には愕然としてしまった。連中は作家をまるで乞食かおもらいのようにあしらい、本を薪の束のように取り扱うことによって、その文学観を表明していた。》

ところが予想に反してあっけにとられるくらい簡単に契約が済んだ。その後、社員がある一室に彼を案内した。

《梱(こり)に入れた本や山積みにした本が端から端まで部屋を占領していた。「この本を御覧なさい!」と信頼厚き社員は、手塩にかけて育てた雉子を見せびらかす猟場番人さながらの微笑を浮かべて、言った。「ずいぶんいっぱいありますね」作家がおずおずと口を開くと、「もちろん、在庫品をここに置いているのじゃありません」と社員は説明した。「これは見本にすぎません」駆け出しの作家には時々思い出させてやらないといけないが、彼らの処女作の出版など、大出版社の悠久の歴史の中では片々たる些事にすぎないのである。その時われらが作家の心の眼に映ったのは、自分の小説が巨大な本のピラミッドのちっぽけな積み石となっている、悲しい光景だった。》

この処女作は五千部刷られ四千部売れたということになっている。それはたいへん良い売れ行きだったそうだ(それでも残部のうち五百を著者が買い取った)。この数字はいろいろと参考になりそう。さて、晴天の霹靂のような成功の後、この作家がどうなるか、は読んでのお楽しみ、ということで。

***

f0307792_21151024.jpg

金沢文圃閣の古書目録『年ふりた……』十七号が届く。ざっと目を通していたら、稲垣足穂の文字が。さて、これは佚文なのだろうか、念のため、紹介しておく。

***

f0307792_21220159.jpg
『すだより』平成二十五年遅呟号(発行・尾崎澄子)が届く。平成十二年の年末から十三年の正月にかけての日誌のような文章を楽しむ(一年遅れですが、同じようなものでしょう)。包装紙レッテルの一覧図には唸りました。

***

ご愛読ありがとうございました。来年もどうぞよろしくおつきあいください。





[PR]
by sumus2013 | 2013-12-31 21:18 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by iwata at 2013-12-31 22:15 x
大滝さん、岩手ごしゅっしんのだったそうですね。この大晦日にまさしくjjjです。ご冥福をお祈りします、としか言い様がなく。合掌♪
Commented by sumus2013 at 2014-01-01 13:16
ご冥福をお祈りします。
<< 槐多の歌へる ほんまに 海文堂書店閉店に思う >>