林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アートが絵本と出会うとき

f0307792_20491389.jpg

アートが絵本と出会うとき―美術のパイオニアたちの試み」(うらわ美術館、2013年11月16日〜2014年1月19日)の図録を頂戴した。深謝です。

絵本というくらいだから絵本は本と絵(アート)が出会っているわけであって、あらためてアートと出会うと言われても、どうなのかなあ、と思ってしまが、そういう天邪鬼な意見はさておいて、ロシア・アヴァンギャルドはやっぱりすごいなあという素直な感想になる。

ロトチェンコのブックデザイン、サイコーです。

f0307792_20491169.jpg

こちらは恩地孝四郎。正直、装幀家としての恩地孝四郎にはぎこちない構成も多い。版画としての単独作品の方がクオリティははるかに高いだろう。装幀においては、おそらく文字の扱いがまずいのではないかと思う。しかし、この図録で驚かされたのは恩地による立体オブジェ「子供室掛額」。これをみんなが子供部屋にかけておきたいと思ったとしたら、昭和五年はすごい時代だった。「おかあさまへ」(左)と「ボクノトモダチ」(ともに一九三〇年)。

f0307792_20490901.jpg


村山知義は絵本作家としてもトップクラスである。いまさら出会いというのもヘンだが、やはり前衛的な流れを絵本という古風な、あるいはかなり保守的な分野に持ち込んで、しかも難なく無理なく溶け合わせているのは、村山の精神の柔らかさを示して余りあるだろう。理屈はとにかく、何よりもその絵柄が好きだ。

f0307792_20490507.jpg

戦後(と切り分けてしまうのもどうかと思うが)の作家たちでは吉原治良と具体美術の人々が優れている。彼らの仕事が要するに子供っぽいのだから絵本と取り合わせても違和感がないのは当たり前であろうか。元永定正などは作品も絵本の絵もまったく同じである。同じで何の問題もない。

f0307792_20485918.jpg

現代美術の作家にはあまり見るものがないようだ。大竹伸郎、李禹煥など筆を使いこなす作家でなければ、絵本は難しいかもしれない。あるいはそれは単純に編集者の意識の問題なのかもしれいないけれども。

パリのジュ・ド・ポムでダイアン・アーバスの写真展を見ていたとき、小学生の団体が展示会場に陣取って、アーバスの写真について先生と質疑応答をしていた。内容はよくわからなかったが、かなり生意気なことをしゃべっていたような気がした。

ご存知のように畸形の人間ばかり撮っている彼女の写真の前で、堂々と小学生が意見を開陳しているのも、ちょっとどうかなと思わないでもなかったにしても、美術を見るというのはそういうことである。アートと絵本を別に考えるほど子供は幼稚じゃないのでは? と、この図録をめくりながら改めて思ったしだい。



[PR]
by sumus2013 | 2013-12-30 21:31 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< うさぎまんじゅう ロードス通信36号 >>