林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ロードス通信36号

f0307792_17360926.jpg
『ロードス通信』第36号(ロードス書房、二〇一四年一月)が届いた。サンパルのビルから移転して初めての目録。JR神戸駅近くの新住所は店舗ではないそうだ。いつも抜群に面白い巻末の「ご挨拶」、今回も忌憚がない。

《退店の第二理由(店主の病状)は、以前良くなく、下降線を辿っている。哀しいなぁと夕空を見上げたら雀が過ぎり、眼鏡のレンズが光ったような気がした。が、どうもこの気分は居心地悪く、浸れないと思い巡らすと、尼崎の「街の草」を自分で演じているのを発見した。時には「街の草」のように一人で海を眺めてみたいのか。今の気分は「生きながら針に貫かれし蝶のごと悶えつつなほ飛ばむとぞする」(原阿佐緒)マイナスナルシシズムといったところ。低音部を奏でる不安は、如何ともしがたいが、それなりに人生を楽しんでいる。》

掲載品は三鬼を含む俳句短冊や色紙、俳句書など、専門外と断りながら、かなりのハイレベルだ。他にもあれこれ目に毒の品物が目についた。困った。

ロードス通信のとなりは、小宮山書店の目録第十六号(二〇一二年一〇月)で、これは書店からではなく某氏より頂戴したもの。写真とファッション・ブックの特集号。鬼海弘雄の例の人物シリーズ、オリジナルプリントが四点、これがなかなかよろしい。開いているページは荒木経惟のサイン入りポラロイド各種(ゲージュツです)。


[PR]
by sumus2013 | 2013-12-30 17:51 | 古書日録 | Comments(0)
<< アートが絵本と出会うとき 盗跖與孔子問答事 >>