林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


盗跖與孔子問答事

f0307792_19421909.jpg

宇治拾遺物語』(林和泉掾、萬治二年1659、早稲田大学蔵)最終話「盗跖與孔子問答事」の冒頭部分。右ページの上部余白に墨点がふってあるが、ここから最終話がスタートしている(画像は早稲田大学古典籍データベースより)。話の内容は以下のようなもの。引用は中島悦次校注角川文庫版(平成七年三十一版、底本は宮内省図書寮蔵の写本、萬治二年版本と同系統とのこと)による。

舞台は春秋時代の中国。柳下恵という大人物がいた。その弟・盗跖(たうせき)がどうしようもないワルもワル、ワルの大将だった。

《一つの山ふところに住みて、もろもろのあしき物をまねき集て、おのが伴侶として、人の物をば我物とす。ありく時は、このあしき物どもをぐすること二三千人也。道にあふ人をほろぼし、恥をみせ、よからぬ事のかぎりを好みて過す》

柳下恵があるとき路上で孔子に出会った(現代語拙訳はまったくのデタラメと言ってもいい言い換えですので、良い子は原文を参照してくださいね)。

柳「どこへ行くのかね、孔子君?」
孔「あなたの弟が悪いことばっかりしてるの知ってますか、どうして放っておくのです」
柳「心苦しく思うけどね、わしの言うことなんぞ聞く耳もたんやつでな」
孔「いまから出かけて、悪事をやめるように説得しようと思います」
柳「そりゃ、やめときなさい。君の言うことなんか聞くわけないよ。かえって怒らしたらえらいことになるぞ」
孔「正しい道を教え諭してみせますので、見ていてください」

という正義感にあふれた孔子は柳の止めるのも聞かず盗跖に面会を求めた。

盗「なんじゃ、孔子がやってきただと。人を教えるやつだと聞いたが、ごたごたぬかしたらケツの穴から手突っ込ん奥歯ガタガタいわせたる!」

《頭のかみは上ざまにして、みだれたる事蓬のごとし。大目にして見くるべかす。鼻をふきいからし、牙をかみ、ひげをそらしてゐたり》というものすごい形相の盗跖だ。目の前にしてみると、さすがの孔子もタジタジとなって内心びびっていたが、言うことだけは言ってみた。

孔「この社会では法律にのっとってふるまわないといけませんよ。偉い人を敬い、人々に情けをもって接するべきです。ところがどうです、あなたの所業は。やりたい放題やって、今はいいかもしれませんが、ろくな終わり方はしませんよ。悔い改めなさい」

盗「なんじゃこら。偉い人ってな、堯や舜なんざ名君だといってチヤホヤされてたがその子孫を見ろ、わずかな土地も持っておらんかった。それに、第一、お前の弟子ら、まじめにやっていた顔回は早死にしたし子路は殺された。賢いやつほど賢くないんだよ。俺がこれだけ悪事を働いているのになんの災いもふってはこんしな、悪く言われるのも四五日だけさ。だいたいお前だって魯の国をクーデター失敗で二度も追い出されているじゃないか、大きな口がきけるか」

《あしき事もよきことも、ながくほめられ、ながくそしられず。しかれば我このみにしたがひ、ふるまふべきなり。汝又木を折て冠にし、皮をもちて衣とし、世をおそり大やけにおぢたてまつるも、二たび魯にうつされ、あとをゑいにけづらる。などかしこからぬ。汝がいふ所誠におろかなり。すみやかに走り帰りね。一つも用ふべからず》

孔子もこの言葉を聞いて反論もなく、座を立って尻尾を巻いて立ち去った。馬に乗るとき、あんまり慌てたので、くつわを二度取り外し、あぶみを何度も踏み外した。これを世の人は「孔子たふれす」(孔子も失敗する)と言ったとさ。

この話は孔子を笑いのネタにするさかしま、江戸時代なら儒者と僧侶の喧嘩で僧侶が喜んで援用しそうな内容である。たしかに孔子は失敗者であり敗北者であろう。論語を無心で読めばそういう結論になる。この話が巻末にあるということに何か意味があるのかもしれない。

それにしても誰が止めても聞かない盗跖のこのやりたい放題、そしてその言い分、つい最近どこやらで聞いたような気がするなあ……。









[PR]
by sumus2013 | 2013-12-29 20:58 | 古書日録 | Comments(0)
<< ロードス通信36号 GRAMMAR AND COM... >>