林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マルクス主義講座1

f0307792_19535139.jpg

午後、市中へ。大学堂書店の前で。定休日。

ギャラリー・マロニエの「お・き・ま・り・の・パリ」展および「The 18 th How are you, PHOTOGRAPHY?」展見る。パリは絵になる、写真になる。世界中の写真家が撮っている。新味はまったくない(小生の絵にも言えることなり)だからこそ「お・き・ま・り・の」と韜晦してみせた。そこがミソ。いずれも秀作揃いながらマン・レイ石原さんの古き良きパリの街景絵葉書がかえって新鮮だった。

お・き・ま・り・の・パリ
http://www.gallery-maronie.com/exhibitions/gallery3/2103/

f0307792_20805.jpg

尚学堂まで足をのばす。店頭二百円台から『マルクス主義講座1』(上野書店内マルクス主義講座刊行会、一九二七年一一月二〇日)を求める。兵庫県美の「絵画と文学」展の影響なり。

やはり装幀に惹かれる。装幀者などについては記載されていない。この講座(全十二巻)については大和田寛「1920年代における マルクス主義の受容と社会科学文献」という論文がネット上で読める。

《この『講座』は,雑誌『政治批判』を出していた政治批判社が編者となっている。『政治批判』 は,1927年2月から1929年まで,大間知篤三・水野成夫らの編集で出ていた。》

《このように内容や執筆者に変更が多いのは,松島栄一も指摘するように,この講座が企画された (パンフレットが出された)1927年11月という時期は,コミンテルンの『日本に関するテーゼ』い わゆる「27年テーゼ」の発表と重なり,全体の企画の見直しが生じたこと,刊行途中の1928年3月に,いわゆる「 3・15事件」があり,執筆予定者が逮捕されたことが考えられよう(14)。 この『講座』は,全体の構想としては,日本のマルクス主義の体系化を試みた面白い企画であっ たが,結局は中途半端なものになってしまった。しかし個別には,見るべき論文も幾つかあり,日本の社会科学史に正当に位置付けられるべきであろう。》

内容には興味ないが、裏見返しに次のように書かれていたのには注目した。

 一九七六年(昭和五十一年)三月四日
 銀閣寺道電停西 千草書店にて
 購入(三百円) 井上威久馬

検索してみると井上威久馬氏はお笑い台本作家、左京区浄土寺に住んでおられるようだ(同姓同名もあり得るが)。千草書店は千原書店の勘違いだろう。

引き返す途中でアスタルテ書房のぞく。扉は閉じられたまま。三ヶ月になる。
[PR]
by sumus2013 | 2013-12-10 20:32 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by manrayist at 2013-12-11 12:38 x
ご高覧いただき、また、ご紹介もいただき有難うございます。日曜日の搬入から「宴会」モードに突入。身体と相談しながら、ゆつくり飲み始めです(二週間続きます)。
Commented by sumus2013 at 2013-12-11 16:50
どうぞお楽しみください! 今を生きましょう。
<< ぼくの創元社覚え書補遺 新国誠一ノート >>