林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


あなたの肖像ー工藤哲巳

f0307792_21304283.jpg

阪神電車で梅田まで戻る途中、梅田の一駅手前「福島」で下車し国立国際美術館へ。ビルばかり林立する風景の中を歩いて国際美術館の地下へもぐる(美術館全体が地下にあるのです。下の写真の右端に見える帆のようなものが出入口)。

f0307792_2234627.jpg

旧知の学芸員Sさんから「工藤哲巳をやりますから」とかなり前に聞いていたのでこれは相当リキが入っているなと思って楽しみにしていた。その予想を裏切らない大規模な展示だった。とくに初期の作品、ポロックのドリッピンと少し似たような色とりどりの絵具(プラスチック樹脂?)をクルクルと輪をつくりながら重ねていったような、ある意味、きわめて絵画的な作品が新鮮で、また質的にももっとも充実しているように思えた。立体も初期の方が、こけおどしな感じがあまりなくていい。

外国で制作するようになってから、有名にはなったのだろうが、作品そのものはあまり気持ちのいいものではない。というか、こういうふうにスタティックに美術館の空間に並べて置いただけでは、工藤の意図したところはほとんど伝わっていないのではないかとも思う。ただ、しかし、ではどうすればいいのか、ということになると、やはりモノを並べるしかないので、それはいたしかたないジレンマかもしれない。とは言え、鳥かごシリーズがズラリと一室(というか祭壇状)に並べられていたのにはある意味感動した。こんなに作っていたんだ(売れ線の作品だったのだ)という驚きもあったが、やはり独自の世界をもつ作家だと思ったのである。

個人的に、作者生前では一九八三年九月に京都の galerie16 での個展を見た。「天皇制の構造について」と題されていた。出品目録があるので間違いない。その前年五月の同じ画廊でのカタログも残っている。これらを含めポスターやDMなども丁寧に展示されていたのが良かった。

あなたの肖像ー工藤哲巳 国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/special/
[PR]
by sumus2013 | 2013-12-03 22:06 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< ルル子 昭和モダン 絵画と文学 192... >>