林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プレイヤード叢書、EPV ?

f0307792_19594890.jpg

プレイヤード叢書というのはフランスのガリマール社が一九三四年から出しているフランス文学を中心とした世界文学全集である。フランスの重要な作家を網羅しており、現在も刊行中だ(例えば六月に紹介したサンドラール三巻本)。フランス文学を研究したり翻訳したりする場合にはまずはプレイヤード版を底本にする(らしい)。

小生の本棚には、今、探して見ても二冊しか見つからない(二冊しか買った記憶がないので当たり前か)。その理由はカンタン。古書でも割りと高値が付くため貧生には手が出ないのだ。これはフランスでも日本でも同じような状況である。定本だけに値崩れしない。ただし上の『マラルメ集』はたしか百円だった。百円なら買い占めたい。

先日、FACEBOOK をスクロールしているとガリマール社のFBにプレイヤード叢書の製本をしているアトリエ・バブオー(les ateliers Babouot)が紹介されていた。そこからリンクが張られていたのがフランス3(TV局)のルポ記事。

La Pléiade bientôt labélisée

プレイヤード叢書が近々 EPV(ウ・ペ・ヴェ)の認定を受けるだろうというふうに書かれている。 EPV というのは二〇〇六年からフランスの経済産業省(le ministère de l'Économie, des Finances et de l'Industrie)が始めた、日本で言えば「現代の名工」みたいな認定制度「entreprise du patrimoine vivant」のことだった。ヴィデオを見ると、プレイヤードの製本工程はかなり機械化はされているもののまだまだ手作業も残っている。

f0307792_19594254.jpg

そう言えば、先日紹介したジョゼ・コルティの回想録にプレヤード叢書のことが出ていた。

一九二八年、コルティはいいことを思いついた。しなやかな表紙をもち、薄い本文用紙に印刷され、エレガントに組版された名作全集を編集することを。外国ではそういった本が出版されよく売れていた。フランス古典文学、世界古典文学などに分ける。大哲学も集める。あらゆる文学の重要な作品を網羅したコレクションの完成を夢見た。聖書の用紙を使い、装幀はJean Engelに頼む。二種類のマケットを作るところまで運んだが、結局出さず仕舞いに終わった。もう少し金持ちだったらなあ……。ジャック・シフランがそのすぐ後で同じようなアイデアの叢書を出し始めた。さらにそれをガリマールが引き取り、今日に到るというわけである。
[PR]
by sumus2013 | 2013-12-01 21:34 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 柏倉康夫 at 2013-12-04 17:42 x
ただいまフランスに来ています。La Pléiade bientôt labéliséeを教えてくださりありがとうございました。クリックして見ました。今回の収穫は、Mallarme記念館の「肖像画展」と、友人のBertrand Marchalが編集した”Le Guirande a Mery(Les Malassis,2013)です。これはMery LaurentのAlbumを写真復刻したもので、マラルメをはじめ彼女の「お友だち」が詩や文章やデッサンを沢山書き込んでいます。帰国しましたら、ブログで紹介いたします。
Commented by sumus_co at 2013-12-04 19:20
柏倉様 お久しぶりでございます。メリー・ローランのアルバム、それは楽しみです。
http://www.editionsdesmalassis.com/accueil/m-laurent-la-guirlande-à-méry/
パリは冷え込んでいるようですが、どうぞお気をつけて。ご報告お待ちしております。
<< 花森安治伝 なつかしい青山虎之助君 >>