林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ウンテル、デン、リンデン

f0307792_193005.jpg

『Album von Berlin, Charlottenburg und Potsdam - 5 grosse Panoramen, darunter ein farbiges, und 131 Ansichten nach Naturaufnahmen in Photographiedruck.』(Globus Verlag, no date c.1900)という馬鹿に重いベルリンの写真集を買った。三百円だったので、コラージュの材料にぴったりだと思ったのである。一九〇〇年頃のベルリンとその郊外の様子が大判のモノクロ写真で再現されている。ゆっくりめくってみると、どうしてなかなかよく出来ている。

ドイツ語は解さないし、ベルリンにも行ったことはないが「UNTER DEN LINDEN ウンテルデンリンデン」くらいは読める。ベルリンの目抜き通りで「シナノキの下」という意味。シナノキは菩提樹とも言う。この写真集もブランデンブルグ門から始まりウンテルデンリンデンへと続く構成になっており、何枚もウンテルデンリンデンの写真が収められている。

f0307792_19494043.jpg


f0307792_1929474.jpg


f0307792_19294044.jpg

もちろん「ウンテル、デン、リンデン」を記憶に留めたのは、森鴎外「舞姫」を教科書で習ったときだった。架蔵の『改訂水沫集』(春陽堂、一九〇六年)から該当部分を複写してみるとこういうふうになっている。

f0307792_19292662.jpg

《菩提樹下と訳するときは、幽静なる境なるべく思はるれど、この大道髪の如きウンテル、デン、リンデンに来て両辺なる石だゝみの人道を行く隊々の士女を見よ。云々》

鴎外の留学は明治十七年から二十一年まで。ベルリンには二十年四月に移っている。鴎外のベルリンとこの写真帖のベルリンではおよそ二十年の隔たりがあるわけだ。

前田愛「東ベルリンの「舞姫」」
http://sumus.exblog.jp/18345560/

下は太田豊太郎がエリスと出会う古寺のモデルとされるマリエン教会。
f0307792_19495529.jpg

《今この處を過ぎんとするとき、鎖したる寺門の扉に倚りて、声を呑みつゝ泣くひとりの少女あるを見たり。年は十六七なるべし。被りし巾を洩れたる髪の色は、薄きこがね色にて、着たる衣は垢つき汚れたりとも見えず。我足音に驚かされてかへりたる面、余に小説家の筆なければこれを写すべくもあらず。この青く清らにて物問ひたげに愁を含める目の、半ば露を宿せる長き睫毛に掩はれたるは、何故に一顧したるのみにて、用心き我心の底まで徹したるか。》


Unter den Linden – Berlín(近年のウンテルデンリンデンの四季)
http://www.viajejet.com/unter-den-linden-berlin/
[PR]
by sumus2013 | 2013-11-23 20:26 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 牛津太郎 at 2013-11-24 05:55 x
前田愛の舞姫論は『文学』が初出だと思い込んでいましたが、違いました。教えられました。ありがとうございます!
Commented by sumus2013 at 2013-11-24 20:16
お役に立てれば何よりです。
<< 百窓市 古書店レッテル新収品より >>