林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古書店レッテル新収品より

f0307792_2182734.jpg

トークの直後に某氏より古書店(新刊書店もあり)レッテルを頂戴した。これは嬉しい頂き物。その一部を紹介しておく。

左上の「BOOKS/TENRIJI…」は天理時報だろうか。かなり珍しいものかもしれない。その下「河鍋書肆」は《牛込区早稲田鶴巻町303》にあり理工学書専門だったようだ(1933年版古本年鑑)。「さかえ書房」は吉祥寺。金子光晴の愛した古書店として知られる。「青玄堂書店 赤坂区青山南町五丁目六六番地」は不明。西荻窪の森田書店はまだあるのだろうか(休業状態とのことだが?)。下北沢白樺書院は健在。銀座の近藤書店は閉店が話題になった。

近藤書店の書皮
http://sumus.exblog.jp/8927345/

六本木・誠志堂書店も同じく閉店がニュースになった新刊書店。右側いちばん上、近藤書店は少し古めのレッテル(微妙にデザインが違う)。二番目は神田一心堂書店。健在。小生も学生時代によく覗いた記憶がある。「三昧堂」は古くからの美術店。その下は言わずと知れた田村書店。次の「一新堂書店」も渋谷区笹塚に健在のようだ。銀座・奥村書店も有名店だが、このレッテルには《中央区銀座東2の8/中央区新川2の4》と二店舗の住所が記されている。新川は隅田川の河口、箱崎町の南になるようだ。手許にある昭和六十二年四月一日現在の『全国古書籍商組合連合会・会員名簿』によれば、奥村書店は銀座3-9-2(奥村総一)と銀座2-10-11(奥村邦男)の二店舗ある。住所が二丁目と三丁目だが、どちらも松屋裏にあって道路を挟んで向かい合っていたはずだ。銀座で個展をしていた頃には何度かのぞいたことを覚えている。その後どちらも移転した。最後右下「延山堂書店」を先の会員名簿で見ると住所は《大田区上池台1-19-7》店主は渡辺太郎吉である。


古書店レッテル新収品(2012-05-27)
http://sumus.exblog.jp/18354953/

daily-sumus 主なレッテルの記事
http://sumus.exblog.jp/17825230/
[PR]
by sumus2013 | 2013-11-22 21:51 | 古書日録 | Comments(0)
<< ウンテル、デン、リンデン 多田進[オリホン]と遊ぶ >>