林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


吸血鬼 マルセル・シュオブ作品集

f0307792_2065070.jpg

マルセル・シュオブ『吸血鬼 マルセル・シュオブ作品集』(盛林堂ミステリアス文庫、書肆盛林堂、二〇一三年一一月四日、表紙画=山下陽子)読了。

底本は矢野目源一訳『海外文学新選 吸血鬼』(新潮社、一九二四年)。ことさら漢語を多用した古色蒼然とした言葉遣いに幻惑された。例えば、ごく最近タレント議員が使用して、おや、よくそんな言葉知っているな、と感心した「震襟」(宸襟=天子のみこころ)が《王様の大膳頭はこの時実に巧妙な手段を用いて王様の震襟(しんきん)を休めたてまつると同時に魔法博士にも一本酬いました》(卵物語)というふうに登場していて、なるほどなあと思った次第。

この「卵物語」には卵料理がずらずらずら〜と並べ立てられる。トリマルキオーの饗宴を連想させる過剰な描写が圧巻。

《ーー陛下、と大臣フリイプソースタスが言いました。
 ーーお易い御用でございます。陛下は復活祭のときには是非とも玉子を召し上らなければなりません。これは御主(おんあるじ)の御復活を象りましたものでございます。しかし私は何も方便ということを存じて居ります。卵は固いのがよろしゅうございましょうか、掻き玉子にいたしましょうか、それともサラダ、ラムのオムレツ、それとも松露で召上りますか、薄皮焼、香草、独活(うど)、青豆、甘味などをあしらいましたものになさいますか、茹で玉子、蒸焼、灰焼、月見、半熟、泡雪でもさしあげましょうか、凝ったところでは二色玉子か白ソースを掛けましたもの、落し玉子、マヨネーズ、シャプロンネ、玉子饅頭いずれも御意のまゝに調整いたします。卵は鶏、鴨、雉子、蒿雀(あおじ)、小紋鳥、七面鳥、すっぽんなどがございます。御所望とあらば魚の卵でも油漬のカビアでも酢の物にしてさしあげましょう。ずっと珍しいところではサルタンもどきに駝鳥の卵か、千一夜の物語の鬼神の御馳走をそのまゝにロック鳥の卵などをおとりよせになってはいかゞかと存じます。それとも一層のこと、ごくあっさりと小粒の玉子を油煎りにしたものとか、お菓子の皮へ黄味をぬりましたものなども乙でございましょう。芹と小葱の刻みこみ、或は菠薐草の玉子とじなどはいかゞでございましょう。それとも生みたての生玉子を召しあがりますか。》

苦心の矢野目訳を原文と対照して味わってみたい。

《- Sire, dit le ministre Fripesaulcetus, rien n'est plus facile. Il est nécessaire que vous mangiez des oeufs à Pâques : c'est une manière de symboliser la résurrection de Notre-Seigneur. - Mais nous savons dorer la pilule. Les voulez-vous durs, brouillés, en salade, en omelette au rhum, aux truffes, aux croûtes, aux fines herbes, aux pointes d'asperges, aux haricots verts, aux confitures, à la coque, à l'étouffée, cuits sous la cendre, pochés, mollets, battus, à la neige, à la sauce blanche, sur le plat, en mayonnaise, chaperonnés, farcis ? voulez-vous des oeufs de poule, de canard, de faisan, d'ortolan, de pintade, de dindon, de tortue ? désirez-vous des oeufs de poisson, du caviar à l'huile, avec une vinaigrette ? faut-il commander un oeuf d'autruche (c'est un repas de sultan) ou de roc (c'est un festin de génie des Mille et une Nuits), ou bien tout simplement de bons petits oeufs frits à la poêle ; ou en gâteau avec une croûte dorée, hachés menus avec du persil et de la ciboule ; ou liés avec de succulents épinards ? aimerez-vous mieux les humer crus, tout tièdes ? - ou enfin daignerez-vous goûter un sublimé nouveau de ma composition où les oeufs ont si bon goût, qu'on ne les reconnaît plus, - c'est d'un délicat, d'un éthéré, - une vraie dentelle...》(Le Conte des oeufs

アスバラガスを「独活」としたのはご愛嬌、「月見」はポーチド・エッグ(落とし玉子)、「泡雪」は原文では《battus(半熟), à la neige(雪添え?)》とたぶん二種類になっているところをひとつにまとめてある。「二色玉子」は引用したテキストには該当する単語がない(テキストが異なるのかもしれない)。《sur le plat》を「落し玉子」としてあるが、残念これは目玉焼きのこと。《chaperonné》はよく分らないが、帽子のようなものを被せたという意味だろう。「玉子饅頭」も苦しいが、ファルシは詰め物(ピーマンの肉詰めのような)。《tortue》の「すっぽん」は青海亀としたいところ(アリスの物語を連想させる)。決して揚げ足を取ろうというのではない。これは大正時代の翻訳としたら上出来だろう。文章をいくつかに分けるなど、何より調子よく読める工夫が凝らしてあって名訳ではないかと思う。

マルセル・シュオブについては本書の解説(長山靖生)でも触れられているが、仏ウィキを簡単に訳して少し補っておく。

一八六七年、マルセル・シュオブ(Marcel Schwob)はシャヴィーユ(セーヌ・エ・オワーズ県)に生まれた。父ジョルジュはテオドール・ド・バンヴィルやテオフィル・ゴーティエの友人で文学好きだった。母のマティルド・ケーン(Mathilde Cahun)はアルザスのユダヤ知識人家庭の出である。

マルセルが生まれたとき、シュオブ一家は、外務省の長官として赴任していたエジプトから戻ったばかりだった。第三共和制の初期(一八七〇年代初)にはトゥールに居り『Le Républicain d'Indre-et-Loire アンドレ・ロワール共和主義者』を指揮し、一八七六年にナントへ移り、やはり共和党の日刊紙『Le Phare de la Loire ロワール燈台』を指導した。ジョルジュの歿後はマルセルの兄モリースが跡を継いだ。

マルセルの最初の作品発表は一八七八年一二月の『燈台』においてであった。ナントのリセでは成績優秀で、特にギリシャ語、フランス語、英語が得意だった。一八八一年にパリに住む母方の叔父レオンの元へ送られる。レオンはマザラン図書館(プルーストも一時籍を置いていた)の司書長だった。リセ・ルイ・ル・グランで学業を続ける。ここでレオン・ドーデ、ポール・クローデルらと友情を温めた。言語の才能を開花させ、すぐにポリグロット(多言語精通者)となり、一八八四年にロバート・スティヴンソンを発見し範とした。

エコール・ノルマル・シューペリウール(高等師範学校)の入試には失敗したが、一八八八年に一級文学学士号を受けた。八九年、今度は一級教員試験に失敗。教師の道は諦め『燈台』、『 l' Evénement』『l'Echo de Paris』などジャーナリズムに関わって文筆で生きることを選んだ。文学欄に力を注ぎ一八九四年には初めてアルフレッド・ジャリを紹介したり(九六年刊の『ユビュ王』はマルセルに捧げられている)、ポール・ヴァレリ、アンドレ・ジード、ジュール・ルナール、コレットらと親しく付き合った。

マルセルはアルゴ(隠語)やヴィヨンの作品に見られるような十五世紀のコキヤール(隠語の一種)に興味を持って熱心に研究した。隠語というのは自然発生的なものではなく人工的なコード化された言語であると考えた。

一八九〇年代より散文詩の形で短い物語を出版し始める。お伽噺のように後に人々によって語り継がれる形式を作り出した。フォークナーやボルヘスに強い影響を与えている。

一九〇〇年、コレットの友人の女優マルグリット・モレノと結婚。健康がおもわしくないなかで、ジャージー島や、スティヴンソンが生涯を終えたサモア島へ旅をした。フランスに戻り、引き蘢って未完の作品の執筆にかかったが、一九〇五年二月二六日流行性感冒で死去。モンパルナス墓地に埋葬された。
[PR]
by sumus2013 | 2013-11-12 21:35 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< クリップ 16号夏 団子坂から谷中五重塔を望む >>