林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


団子坂から谷中五重塔を望む

f0307792_19473284.jpg

大竹新助『写真・文学散歩』(現代教養文庫、一九六二年十七刷)に団子坂上から谷中の五重塔を望む写真がありますよ、と某氏よりご教示をたまわった。さっそく入手してみると、まさに谷中安規の版画「動坂」にぴったり重なるような構図である。

f0307792_19303879.jpg

丸い街路灯まで同じではないか! 角度的にはほぼ同じくらいであろう。海抜は団子坂より動坂の方がやや高いのだろうか。安規の目線がより高いところから見下ろしているようにも思う(?)。本書の初版は昭和三十二年九月で五重塔が焼失したのが同年七月六日。志賀直哉が序文に

《この本は後になる程、その価値を益し、皆から喜ばれ、大切にされる本だと思ふ。露伴の「五重塔」の如き、大竹君が写した後で焼け失せたものであり、歳月を経ればこの上にも、かういふ場合がないとは云へず、今、かうして大竹君が写真に残してくれる事は後の文学研究者にとつて大変ありがたい事だと思ふ。》

と書いている。志賀の言う「五重塔」は本文七頁の露伴『五重塔』にまつわる写真。塔をアップで見上げた構図である。上の「団子坂」は夏目漱石の『三四郎』の舞台として掲載されている。

《この小説のもう一つの舞台、団子坂に行ってみた。ここは菊人形で名高いところだ。この付近は戦災に焼かれたと聞いていたが、坂の両側は昔のままで、一寸大正を、そして明治も偲ぶことが出来る。この坂を上りつめたところの左側少し入ったところが、森鴎外の屋敷跡ーー観潮楼跡で、坂の上から振りかえってみると、あの幸田露伴の"五重塔"ーー谷中天王寺の五重塔が望まれた。》

f0307792_19472560.jpg

おそらくこれらの写真が撮影された昭和三十年前後を境として、日本の風景は激しく変貌することになるのだろう。下の日本橋の俯瞰など、あと何十年かして首都高速道路が地下にもぐったら、再びこういう風景に戻るかもしれないが……。

f0307792_19471661.jpg

遠景には煙突が何本も見えている。方角からすると一九五〇年に発足した富士製鐵(旧・日本製鐵、七〇年に八幡製鐵と合併して新日本製鐵、現・新日鐵住金)だろうか(?)。おばけ煙突(撤去は昭和三十九年)じゃないが、当時はまだ都心にこんなものが乱立していたようだ。
[PR]
by sumus2013 | 2013-11-11 20:30 | 古書日録 | Comments(0)
<< 吸血鬼 マルセル・シュオブ作品集 富士正晴の兵隊小説を読み返す >>