林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みちくさ市トーク 林哲夫×多田進

f0307792_13263141.jpg

「版下(はんした)ってなに? 最後の版下装幀家・多田進の世界」

まるでトキのように、もうほとんど棲息しない、紙の版下で制作をつづける装幀家。そのお一人が多田進さんです。多田さんの処女作は植草甚一『即興と衝突』(スイング・ジャーナル社、1971年)。以来40年以上、版下一筋でこられました。数々の名作のなかから選ばれた実際の版下原稿を見せていただきながら、多田さんならではのアイデアや版下へのこだわりを、『sumus』編集人で装幀も手がける林哲夫さんと語っていただきます。

■日時 2013年11月17日(日)
■時間 13:20~14:50(開場13:00~)
■会場 雑司が谷地域文化創造館・第2、第3会議室
MAP> http://kmstreet.exblog.jp/i4/
■定員 60名

f0307792_1326154.jpg


f0307792_13255514.jpg


林 哲夫(はやし・てつお)
一九五五年香川県生れ。画家、文筆家。武蔵野美術大学卒。雑誌『ARE』『sumus』『spin』を編集。著書に『喫茶店の時代』『古本屋を怒らせる方法』『書影でたどる関西の出版100』(第9回竹尾賞受賞)など。京都市在住。

多田 進(ただ・すすむ)
1937年東京生まれ。装丁家。都立工芸図案科卒。60年代は「スイングジャーナル」等のマガジンのレイアウトを、70年代からブックデザインを手がけ現在にいたる。おもな仕事に「深沢七郎集」、田村隆一著「詩人のノート」、團伊玖磨著「パイプのけむり」など。第40回講談社出版文化賞/ブックデザイン賞を坪内祐三著「酒中日記」で受賞。

■入場料:1000円 ※当日清算

参加者特典! 伊丹十三『ヨーロッパ退屈日記』の多田さんヴァージョンのカバーをプレゼントとして多田さんが特別に用意してくださる予定だそうです。林からも何かプレゼントしちゃいましょう。ふるってご参加ください。

f0307792_1349264.jpg


■予約方法 
下記のメールにて件名を各「装丁トーク予約」、本文に「お名前」「人数」「緊急の電話連絡先」をご記入の上お申し込みください。折り返し予約完了のメール(自動ではないので最大24時間ほどタイムラグある場合がございます)。返信が無い場合は再度お問い合わせくださいませ。代金は当日払いです。予約完了メールに当日の受付方法が記入してありますので必ずお読みください。

■当日受付の際のお願い
みちくさ市開催にあたり創造館様のご厚意で会場を使用させていただくことができました。しかしながら館内での金銭やりとりはできないというルールは守らなければいけなく、お客様にはご面倒をおかけいたしますが、会場より徒歩4分の、みちくさ市会場の本部まで来ていただき代金をお支払いの上チケットを受け取っていただくことになります。お客様に手間をとらせてしまい大変申し訳ございませんが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

※予約&お問い合わせは下記のメールにて
予約受付中!
wamezoevent1■gmail.com ■=@
[PR]
by sumus2013 | 2013-11-14 20:19 | もよおしいろいろ | Comments(3)
Commented by chara050505 at 2013-11-08 14:56
とても驚きました。多田進さんはまだ版下ですか。写植屋さんもまだあるということですね。
私事ですがある時期に仕事先の出版社から「もうデータでないと印刷屋が引き受けてくれない」のひと言と、手動写植屋さんの廃業(依頼の激減と感光材料の生産中止による)で版下での制作を断念しました。
Commented by sumus2013 at 2013-11-08 17:11
いや、もう写植屋さんはおられないようですね。指示書に従ってコンピュータで出力したものを貼り直すという形だと思います。トークではその辺りも質問してみます。
Commented by sumus2013 at 2013-11-09 10:31
いや、まだ写植は生きていました。12月2日〜7日「『moji moji party』No.5 写植讃歌No.2」という催しが表参道画廊+MUSEE F で開催されるそうです。
<< 薔薇祭 クリップ 16号夏 >>