林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古本の秋だニャン〜

f0307792_20493162.jpg

鈴木創編著『なごや古本屋案内』(風媒社、二〇一三年一一月一〇日)。鈴木さんはシマウマ書房の主。昨年は八木幹夫『余白の時間 辻征夫さんの思い出』を発行しておられる。この本もまた愛知・岐阜・三重を網羅して五十店舗の古本屋を紹介した素敵な内容。

名古屋で古本巡りをしたときのことを思い出してみると、名古屋の古本屋はどこも整理整頓されていたな、という印象が強く蘇ってくる。例外もわずかにあるが(そういう店が好きなのですが)、だいたいそうなのだ。地域性のようなものだろうか。本書の写真を見ていてもピッシリ、キッチリしている棚が多いように思う。名古屋地域の人はきっと本を大切に扱うに違いない。古本屋の棚からそれが見える。

収録されているエッセイはいずれも秀逸。ハルミンさんの古本ビギナー時代の回想がいい。


 ***

f0307792_20492492.jpg

『風船舎古書目録9 音楽と暮らし』(風船舎、二〇一三年一一月)届く。表紙(「荒木陽旧蔵アルバム」より)が素敵だ。巻頭は「中山優旧蔵アルバム4冊一括」……生写真の面白さは限り無し。

 ***

『古本手帳』(東京古書組合・中央線支部、二〇一三年一〇月一五日)を頂戴した。

《『古書手帳』はなぜこんなに売れるのだろう。編集作業をほぼ終えた9月10日に東京古書組合員にファックスで「発刊のお知らせと予約のご案内」を送った。そうしたら、なんと1週間も経たないのに、予約注文は500部を超えてしまったのである。当初は800部印刷の予定だった。東京の古本屋さんだけではなく、全国の古本屋さんにも渡したいねということで部数を1000部に増やしたばかりだった。》

と「日本の古本屋メールマガジン第144号」に駱駝舎・川村光郎氏が書いておられる。和本用語集、古本用語集、洋古書用語集、年号対照表、古書展案内。そして古ツアさんのエッセイ「中央線は古本屋で出来た銀河なのかもしれない」。たしかに売れそうだ。

 ***

京都はお待ちかね「秋の古本まつり」、東京神田ではすでに開催中の「神田古本まつり」。そうそう京都では他にもこんな古本市が開かれ(てい)ます。

10月15日〜11月3日
ふるほん秋まつり 恵文社バンビオ店(長岡京市神足)
http://keibunshabambio.hatenablog.jp/entry/2013/09/15/161602


10月31日〜11月10日
第3回「ユニテのセレクト古本市」
http://www.unite-kyoto.jp


11月2日
第5回天神さんからおでかけ一箱古本市
http://suirenndou.exblog.jp/18684227/
[PR]
by sumus2013 | 2013-10-28 21:30 | もよおしいろいろ | Comments(2)
Commented by 浅生ハルミン at 2013-10-30 20:05 x
林さん、ありがとうございます。めちゃくちゃうれしいです。
Commented by sumus2013 at 2013-10-31 20:12
当時のハルミンさんが目に見えるようですよ!
<< パン語辞典 ぼくの創元社覚え書 >>