林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぼくの創元社覚え書

f0307792_19594442.jpg

高橋輝次『ぼくの創元社覚え書』(龜鳴屋、二〇一三年一〇月一〇日、表紙イラスト=グレゴリ青山)読了。高橋さんらしい追記の連続で、おいおい、ちゃんとまとめてから書いて下さいよ、とツッコミたくなるわけだが、それがマイナスではなくプラスに作用しているところが、人柄というのか、ビートたけしのつんのめり芸のような文体になっているから、あら不思議と思うのだ。

高橋さんを直接知らない人たちのなかには、こういうスタイルをうとましく感じる人もいるかもしれない。しかし実際に付き合ってみると、非常に純粋な古本魂を持った人物だということがすぐに分るだろう。そして名もなき作家や編集者を愛おしむことにかけては他に例を見ないほどの熱心さ(無償の愛といっていい)を示す。その態度や目の付け所には小生自身もこれまでいろいろと教えられて来た。黒子である編集者を主人公にしてその観点から出版や文学を語るという手法は、高橋さんの独創とは言えないとしても、それを普及させたという意味では高橋さんの手柄は大きいような気がしている。

《本書は自伝的、仕事史的な内容ではない。あくまで古本を通して見た、創元社の歴史のある側面を私なりにざっとスケッチしたにすぎない。》

《それでも、所々に私的な回想をまじえて書いており、読者には余計なことかも知れない、とおそれている。ただ、ペースメーカーを入れ、七十歳に近づく年齢になってくると、自分が元気で働いていた頃のことが無性に懐かしく思い出される、というのが正直なところである。そのため少々甘い記述になったのは自覚しており、読者にお許しを願おう。》

小生の感想は逆である。もっと回想をしっかり書いて欲しかった。作家たちが書き残した創元社の編集者たちの思い出、そのコレクションも興味深いものがあるし、丸山金治という創元社で働いていた小説家について、その友人の青井辰雄(洲之内徹との関係で小生が興味をもっている人物)、また創元社から飛び出した二人の社員が始めたのが六月社だったこと(六月社は山内金三郎『うまいもん巡礼』などを出しているので、『sumus』あまから洋酒天国特集とも関係してくる)、あるいは日産書房について(青山二郎装幀の小林秀雄『文芸評論』などを出している)などの記述にも大いに啓発された。しかし、それでもやはりもっとセンチメンタルな思い出話が登場してもよかったのかな、と思ったことは正直に書いておく。

《私は今でもときおり憶い出す。大阪市北区樋上町にあった木造二階建ての旧社屋のことを…。当初、正面玄関のすぐ左に営業部があり、その奥に小倉庫があった。横幅のある急傾斜の階段をミシミシ音たてながら登ると、すぐ左側に南側が道路に面した編集部があり、右側には社長室の扉があった。その階段はむろんお客や著者たちが上り下りしたが、私どもは大抵、裏口の倉庫の横から狭い階段を登って編集部へ入ったように思う。しばらくして一部改築され、営業部や制作部も二階へ移った。私の在籍した後半に再度増築され、一部鉄筋の四階建て(?)となり会議室などに使われた。当初の編集部は旧い造りで中央辺に大きな柱があったように覚えている。改築するまで、種々の会議は社長室で、足らない椅子をもちこんでやられていた。隅の本棚には、昔の創元社の文芸書もいろいろ並べられていたが、むろん、じっくり拝見したことはない。》(あとがきに代えて)

こういう細かいところ、これは高橋さんでなければ誰も書き残すことはできない。その点からも名著である大谷晃一『ある出版人の肖像 矢部良策と創元社』を補完する一冊として大切な仕事であろう。

龜鳴屋
http://www.spacelan.ne.jp/~kamenaku/

[PR]
by sumus2013 | 2013-10-28 20:46 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 古本の秋だニャン〜 ぽかん 03 >>